怖い体験談持ってるやつ

1 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:51:24 Qo
教えてくれ
怖い話好きなんや
2 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:52:15 oT8
震災の時夜中に物音して外出てみたらバット持った男と遭遇した
3 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:52:42 Qo
>>2
なんも起こらなかったのか?
5 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:53:30 oT8
>>3
大声で「誰だてめえ!」って叫んで助け読んだら逃げてった
7 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:53:59 o8r
>>5

思っクソ喧嘩売ってるんやんけ 無事でよかったわ

10 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:55:19 oT8
>>7
実際は「だっ、おっ、うわああああああああああ誰かあああああああああ」だったしセーフ
12 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:56:12 Qo
>>10

ワイもはっきり言う度胸ないわ、、、
9 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:54:48 QsN
本当につまらない話だけど工場見学で人が溶鉱炉の中に落ちたことを楽しそうに話してる職員のおっさんがいた
普通子供に語るかと今でも疑問
11 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:55:23 Qo
>>9
やっば。精神イってそう
14 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:56:42 QsN
>>11
年に二三人は死んでますからみたいなこと言ってた
多分慣れちゃって感覚が狂ってたんだろうね
15 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:56:45 Qo
心霊っぽいのでも
未完でもええで
16 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:56:48 4Bq
実家に住んでた頃、物置部屋から缶が落ちる音がした
しかし缶はどこにも落ちてなかったし、部屋には誰もいなかった
25 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:00:00 SWF
>>16
「物置」ってなんか怖いよな、、、色々いそうで
怖くない?
28 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:00:33 SWF
>>25
00:00:00や
29 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:00:57 a2
>>28
わぁお霊がたくさん
32 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:01:20 SWF
>>29
うまいwwwww
怖いなあ〜
18 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:57:40 HrQ
うーん、たいしたことないんだけど

小5の時に自宅(マンション)のエントランスの鍵で開く自動ドアを開けたときに知らないおじさんも一緒に入ってきて
「君の家赤ちゃんいる?何号室?」って聞かれた
その時正直に答えちゃったんだけど数分後にそのおじさんが訪ねてきた
インターホンも鳴らさずにドアをバンバン叩いて「すみませーん」と繰り返してるのが不気味だった

22 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:58:30 Qo
>>18
やっば、、やっぱ変人は怖いな
>>20
なんかおるんちゃう、、、?
20 :風吹けば名無し 2018/07/01(日)23:57:51 9RX
階段上ってたら上に足がちらっと見えた
しかし二階には誰もいなかった
多分見間違えだけどガチであった
27 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:00:28 49U
さっき部屋の真ん中に置いてあったコンビニの袋が急にカサカサ言い始めたと思ったら、Wi-Fiの調子が悪くなった。
30 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:00:57 SWF
>>27
絶対なんか入ってきたで
40 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:05:19 49U
>>30
そいえば、最近は無くなったけど今のマンションに引っ越したての時よくあったのが、部屋のドアノックされるんやけど出てみたら外にだれもいないとかあったな。
42 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:06:47 SWF
>>39
それ幽霊?
わかんねえなあ
>>40
入り口見つけられとるやん
45 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:08:04 vjV
>>42
その部屋が幽霊 存在しない
保養所に仏壇ない(はず)
47 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:09:07 SWF
>>41
コピペと上の文ってどう言う関係?
>>43
なんか切ないな。
>>45
なるほどなぁ、子供ってやっぱ感受性みたいなの高いんやろな
33 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:01:50 vjV
ペンションでおばあさんの霊にあった
けどオチがないんやねえ
35 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:02:18 SWF
>>33
えぇ、、、そんなあっさり?
もう少し詳細
37 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:03:06 rex
イッチの聞きたい恐い体験って心霊関係のことやったんか
兄弟同時に金縛りにあったことはあるけどそれだけだわ
38 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:04:08 SWF
>>37
リア怖でもええで
同時か、、、金縛りって睡眠のリズムがどうたら〜とか言うけど
ワイはそれだけじゃないと思うわ
44 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:07:14 rex
>>38
金縛りって睡眠中の誤作動みたいなもんだと思ってたけどあれがあった小五以来考え変わったわ
絶対なにかがワイの上に乗ってたで
41 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:06:43 E0q
熊本市の大学2年米村智紗都さん(20)が奈良県・金剛山で遺体で見つかった事件で
死体遺棄容疑で逮捕された金戸英樹容疑者(49)=大阪市阿倍野区松崎町=が熊本県警の調べに
「(米村さんの遺体を)JR熊本駅から列車に乗って運んだ」と供述していることが15日、わかった。
県警は、大型の入れ物に遺体を隠して運んだ疑いがあるとみて、裏付け捜査を進めている。

181 :本当にあった怖い名無し:2010/07/16(金) 19:31:35 ID:o1EL7BnGO

ある殺人事件に纏わる話なんだが俺の家族、
犯人のオッサンと同じマンション(階下っつーか真下にそのオッサンの家族が住んでた)に住んでてさ、
家族ぐるみの付き合いがあったのね

んで、ここからが本題なんだけど
小5、6の頃だったか、そのオッサンが若い女の子を殺す夢を頻繁に見てたのよ
まだ消防だったし怖かったから、親にも言ってみたんだけど
「冗談だろうとそんな事を言うな!」ってこっぴどく叱られた
まさか数年後にそれが現実に起こるとは思ってもみなかったしね

43 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:07:11 vjV
あとさワイお彼岸とかお盆とか分からん人なのね
である日死んだジッジの夢見た
外行きの服ででかいバッグ持ってかお真っ青
家引っ越したから新しい家での思い出はない

その日がお彼岸かお盆だった

弱いなあ

46 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:08:48 Pyy
高校の帰り道に人が良く落ちて死んでまう沼があるんやけど夜になったら悲鳴が聞こえる
まあオチは無いんやけどその声聞いて以来その道で帰ることはなくなったな
48 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:09:35 SWF
>>46
聞いたのかよ、、、、
49 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:10:13 vjV
旧乃木病院忍び込んだんや
あそこは女の小さい声が聞こえる
55 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:11:35 SWF
>>49
有名なん?
>>52
そういうことか
50 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:10:13 xBq
ホテルで寝てたら急にドアを
「ドンドンドンドン!」ってされた
これだけやけど深夜のビジホでこれされるとホンマに怖いし寝れへん
53 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:10:47 SWF
>>50
心霊じゃなくても怖えわ、、、
59 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:12:32 E0q

山で遭難者が出たとき、捜索隊がいくら探しても見つからないのに、家族や親しい人が一緒に探しているとすぐに遭難者が見つかるなんて話をよく聞くな。

たいていそういう場合は遭難者は死んじゃってることが多いんだが、やっぱ家族の絆的なのがあるんかね。

似たような話で、遭難者の両親が捜索に加わった時、崖の下で死んでいる遭難者を見つけた父親がその崖の下めがけて突っ込んだ。
後から来た母親も遺体のある場所を聞かされるとその崖に飛び込みそうになったので捜索隊数人がかりで押さえ込んだとか。

母親が後から言うには「息子が呼んでいた」だってさ。

63 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:14:03 SWF
>>59
こういう系切なくなるけど、
呼ぶこむとこまでいくと怖いな
成仏してくれぇ、、。
64 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:14:17 Sm3
幼稚園の頃に近所のそこそこ大きい橋の横から車が落ちるのを2回見たことはある
今はあれが本当だったかは相当怪しいけど
でもそう見えた理由は謎
67 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:15:46 SWF
>>64
予知的なものか過去のものを見たか
みたいな
調べてみたら事例があったりして
68 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:16:35 Sm3
>>67
その橋の実名出してもいいなら2つとも出すけどええか?
70 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:16:56 SWF
>>68
Sm3がええなら
79 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:22:16 Sm3
>>70
2回見た内で一度は長良大橋(岐阜県瑞穂市)
もう一回は子供の頃のことやしよく分からんけどおそらく
木曾三川が集まってる岐阜南部の海津市の南か三重県桑名市の橋のどこか
2回目は桑名市のなばなの里っていう場所に行くときに通ったのは覚えてる
なお親は二人とも気づいていない模様
80 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:22:53 SWF
>>79
ほう、、、長良大橋か
調べてみよかな
86 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:25:33 SWF
>>79
でかい事故はないっぽいな
7件軽傷事故あったぽい
77 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:20:50 JTe
昔近所の森をダチと一緒に探検したんけど森の中に小さい墓っぽいのあって
そこに小銭置かれてたけど何やったんやろ、まぁそこから帰る時に携帯で撮った動画に
知らない女の声らしきものが入ってたけどそれのせいで墓の事あんま気になってなかったわ
78 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:21:43 SWF
>>77
怖い、、、
「女の声」とかやめてほしいわ、、、
81 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:23:26 slK
駅で知らないおじさんにいきなり自己紹介された
90 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:26:36 SWF
>>87
>>81
変な人はふつうに怖い
91 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:26:53 bkK
山の入り口に立っている「入った場合一切の責任を負いません」という看板www
93 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:27:27 SWF
>>91
巨頭オ
みたいやな
95 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:27:40 JTe
>>91
立ち入り禁止ならわかるけどなんか訳ありやな
102 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:29:00 slK
駅のホームで座ってスマホいじってたら
知らない婆ちゃんに1分くらい顔覗き込まれたけど
無視し続けた
104 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:29:29 SWF
>>102
想像してちょっと笑った
嫌やな
111 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:31:30 slK
学生の頃、可愛い子に積極的にライン送ってたら
精神障害を掛け持ちしてる事をカミングアウトされた
114 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:32:10 SWF
>>111
その後どうしたん?
116 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:32:39 slK
>>114
そのあとラインブロックしてその子がいるクラスから総スルーくらった
122 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:34:50 SWF
>>116
可愛いってだけで善やからな、
精神障害あるって打ち明けたらブロるひどい奴
ってなってしまったんやろ
126 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:36:24 HJG
聞いた話なら心霊系あるで
127 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:36:39 SWF
>>126
ええよー
教えてくれ
154 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:48:18 HJG
>>127
ワイの従兄弟から聞いたのやけど
どうやら従兄弟のパッパ
つまりワイの叔父にあたる人がやな
夜中コンビニの配送してたんやって
季節は冬で朝4時でも真っ暗なんや
そんで長野の山の方にあるコンビニがあって
向かう途中に公園があるんやって
配送に行く時間によく子供たちがそこで
走り回ったりして遊んでるらしいんや
子供っていっても小学生低学年くらいの
小さい子達やって
おかしいことにその付近には民家はおろか
学校すらないことがあとで調べたらわかったみたいや
叔父さんは怖くなったんやけど
よくあることやろってなんか呑気に構えてたみたいや
それからもたまに子供たちが遊んでるのを見たみたいなんやけど
何も気にせんで居たある日のことや
1番近くのコンビニの店員にいつも通り挨拶して入ると
店員が驚いた顔で叔父さんに言ったんや
「今トラックの下から子供が出て行きましたよ」
って振り向いても何もおらんかったみたいやけど
店員も不思議そうな顔をして首を傾げただけだったみたいや
そのうち休みを使って公園に花を添えたったみたいや
そして道路の方に歩いて行ったら
楽しそうな子供達数人の笑い声が風の音と重なって聞こえた気がしたんやって
157 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:49:59 SWF
>>154
はえ〜
おおごとにならんで良かったな
いい判断やった
129 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:37:17 z15
前に住んでた家で、一時期午前3〜4時くらいに家の電話が鳴りまくることがあったんやけど
ナンバーディスプレイに出る数字が「0000000000」で、出たらワイの声がした
135 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:39:29 E0q
のちにタックル大の理工行った中学の友人から聞いた話やけど、お盆の頃に帰省してたアッニが隣室に寝てた時
アッニの上を火の玉がぐるぐる回ってたとか
139 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:40:21 SWF
>>135
タックル大って言うのやめたげてw
火の玉の怖い話とか全く聞かんけど
あるんか、、?
138 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:40:17 Rqy
スマホガン見してたら赤信号でトラックと掠めて足の指粉砕骨折した
143 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:42:20 SWF
>>138
気ぃつけんとな
そういう実体験を聞かせるべきよな
「事故るで」じゃわからん
142 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:41:55 oTj
小学校の時に見た目893な人とすれ違ったときに
なんとなく寒気を感じて遠ざかるように歩いたら手刀繰り出してきた
怖さのあまりにその後一定以上離れてから塾までダッシュしたわ
145 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:43:26 SWF
>>142
手刀かわせたんかw
「一般人には手ェだすな」みたいなの聞くが、、、
156 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:49:36 slK
サウナ
銭湯に行った。
あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。
俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。
勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。
これも日課だ。
10分経過。相手の男は軽く100キロはありそうなデブだった。
15分経過。滝のような汗を流してるくせに、頑張るじゃないか、デブめ。
18分経過。ついにデブが動いた。今にも倒れそうな程フラフラになりながらサウナを出ていく。
俺の勝ちだ!!俺はサウナルームの真ん中でガッツポーズをとった。
 
 
目を覚ますと俺は見慣れない部屋にいた。
どこかで見たようなオッサンが覗きこんでくる。
番台にいたオッサンだ。オッサンは言った。
「私が点検に行ったら君が倒れてたんだよ。
ドアにもたれかかるようにして失神していた」
どうやら熱中症を起こしたらしい。
少し頑張り過ぎたか。オッサンはやれやれとばかりに
「君を運ぶのはまったく骨が折れたよ。今度からは気を付けてくれよ」
俺はオッサンにお礼を言って帰った。ビールでも飲んで寝るとしよう。
161 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:51:18 6pw
>>156
入れ替わってんなぁ
167 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:53:14 slK
>>161
デブに閉じ込められたって話やで
159 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:50:53 Rxo
学際の準備で遅くなった夜に、チャリでいつもの通学路を走ってたら、
住宅街のある場所で大量の火の玉が雪崩のようにボロボロと転がるのを
見た

へぇ〜〜! と感心して、翌日の通学の時に見たら無縁仏の塚がある
場所だった
そりゃ大量に出るわ

164 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:52:32 SWF
>>159
へぇ〜〜!
でちょっと草
168 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:53:17 E0q
「JR福知山線脱線事故」事故としても悲惨だったけど 謎の老婆の予言「この電車に乗ってはいけない」→若い女性が無理やり降ろされる、という不思議な話もあった

 当時の新聞記事

174 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:54:57 SWF
>>168
守護霊とかやったりするんかな、、、
守られて良かったな
171 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:54:34 JTe
高校の宿泊学習の時に男子クラスメイトみんな同じ部屋に泊まったんやけど
夜になって「みんなで怖い話するか!」ってなっていろいろ聞けて「さぁ寝るか」って時に霊感あるクラスメイトがちょっと焦った顔して「やっぱいるわ」って言ったのよ
でその後に体調崩し始める奴も出てきてその時は確か背中叩いて霊追い出す?行為をして対応してたと思う
それでさすがにみんな早く寝るかってなったけどさ、その霊感ある奴だけ「朝まで起きとく」って言って座禅のポーズでなんかお経らしきの唱え始めた時はさすがにビビったわ
175 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:55:39 SWF
>>171
こういうの待ってた。
霊感あるやつって大変やな、、、
188 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:58:57 JTe
>>175
ちなみに朝までマジで起きてたらしく
その時は「もう大丈夫、2階の方に行った」って聞いた時はさすがに笑ったけど
みんな2階の奴らの心配してたわ
193 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:00:20 SWF
>>188

ワイも小学校の宿泊研修で
霊感あるらしい子が「上から血が落ちてきた」
って泣いてたの思い出した
172 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:54:48 6L9
ありきたりな話やけど霊感自信ニキに家訪問された時に気持ち悪いから帰る言われて大島てるで検索したら隣の部屋で自殺あったわ
177 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:56:39 SWF
>>172
こういうのもすこやな。
わかっちゃうほうが良いことなのか
気づかんままがいいのか、、
173 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:54:53 kPu
ワイが実際に体験したやつやと実家のトイレで西日に向かって伸びる人影を見たことくらいしかないわ
179 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:57:00 kPu
地元に大島てるにのってる物件があるんやけどそれが改装工事されてるの見てなんか複雑な気持ちになったわ
180 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:57:03 E0q
最近のおんJのスレにあったやつ

夜釣りに来たぞ

1 :名無しさん@おーぷん:2018/06/08(金)22:51:02 ID:ZIE(主) ×
ぼちぼち初めていくやでー

60 :名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)23:28:06 ID:92u ×
一人で夜釣りしてたらおっさんが「釣れるか?」って話しかけてきて、「いやーダメですねー」って言いながら振り返ったら誰もおらへんかったことがあったわ
すぐ後ろにお地蔵さんがあったから、缶コーヒーおいて一礼して即帰った

181 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:57:35 HJG
>>180
おもろい
183 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:58:06 HJG
地蔵に缶コーヒー喜ばれそうやな
185 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:58:27 slK
監視カメラ
人暮らしをしている大学生の男がいた。
男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。
大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。
最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。

男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」
と困っていると、友人は「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、
もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、
不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた、やはり持つべきは友!これは良い案だ!と思った男は
早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。

大学から帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある、
「これは期待出来る、マジにストーカー写ってるかも…」と思いながらビデオの録画を止め、再生した。
しばらくは何も写らなかった。

しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!」ビビった男はすぐに友人に電話をかけた、
「ヤッベー!写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」と若干興奮気味に伝え、
それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。

「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」
今までコイツは何回も来ていたのかと思うと
男は背筋が凍る思いだった。「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、
画面の中の女は押入れに入った。

「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」などと友人と喋っていると、
また誰かが部屋に入ってきた。
男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める。
そこでビデオは終わっていた。

190 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:59:27 SWF
>>185
よく見るなぁこれ
ワイやったらどうしよこの後
191 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:59:59 kPu
>>190
料理しに来てくれたのかもしれない
195 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:00:42 SWF
>>191
>>192
ハッピーエンドやな
186 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)00:58:40 SWF
お地蔵さんとか大事にしとかんとなぁ
203 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:02:01 bkK
>>186
お地蔵さんは大事にしてもアカンで
ワイ婆ちゃんのためにお地蔵さん拝んでたら余計なことすんな!
って爺ちゃんに怒られたわ
208 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:02:52 SWF
>>203
まじか、、、
何を祀ってるかによる
とかやったら対処法ないやんな
212 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:03:37 kXF
217 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:04:48 SWF
>>212
勉強になるわ
194 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:00:37 xlW
怖い話では無いけど心霊写真取ったことあるで
修学旅行の時に訪ねた華厳の滝で
197 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:00:56 HJG
>>194
ここほんとよく映る
205 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:02:23 xlW
>>197
凄いよな
戦場ヶ原でも取ったけど案の定映った
>>198
ごめん小学生の頃だしその写真は買ってないw
209 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:03:13 SWF
>>205
すごいな
映るもんなんやな
239 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:10:13 Rqy
海で写真撮ろうとしたら顔認識機能が海に10個くらい反応したことがある
240 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:10:36 HJG
>>239
これ系の苦手
245 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:11:25 g9g
ワイ廃墟マニア 霊を見たこともないし、写真に写ったこともない
259 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:14:32 SWF
>>245
廃墟での写真集とか綺麗よな
たまに見たりするんかな?
255 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:13:56 kXF
アパートの隣に墓場がある
オレは霊感無いしあんまり怖い話を気にしないのでそこで暮らしていた
お盆休みの時に帰郷する事になった
外に出る時に背筋がヒヤッとしたんだがあまり気にしなかった
一週間ほど帰郷し部屋に入ると背筋の凍る思いをした
あんなに怖かった事は無い

クーラー付けっぱなしだった。

258 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:14:29 qAT
>>255
これほんと草
271 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:15:50 qwZ
車に小学生がはねられて即死
数年 つまりこの前まで血痕が道路に残って取れなかった
そこを踏まないように歩くんだけとたまに踏んでしまう
290 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:18:04 kXF
あるところに5人の大学生がいました。
彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、
荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、
12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。
だからそれまでには帰ってきてくださいね。」
・・・・ しかし彼らは遊びに夢中になり
その約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。
20階… 30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、
50階でついにばててしまいました。
「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、
1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう」
と一人の人が言った。
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。
すると最後の一人が
「いいか、俺が今から言う話しは… 本当に怖いからな、
絶対にビビルなよ」
と他の4人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。
そして、彼はいった。

「一階に・・・ 鍵を忘れた・・・・・・」

300 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:19:45 SWF
>>290
怖ええええ
殺されそう
340 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:26:57 kPu
そういえばワイ夢を見たんや
黒い服を着た無表情のおばさんが黒電話で電話をかけるんや「もしもし、これは予言です」って
そしてその電話を受けた人はその家に住んでる家族諸共殺されてまうんや 例えばホイールキャップの外れたタイヤに頭が突っ込まれた状態で100mくらい引きずられたりして
344 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:27:59 SWF
>>340
えぇ、、、怖い
夢が話として成り立ってる、、、
362 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:31:38 E0q
死神は黒服というのはデフォみたいやね 徳川幕府の公式記録にも載ってるで 将軍の死の直前に黒い服を着た女が出現したって
366 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:32:19 mP


炭鉱や
369 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:33:11 xlW
>>366
君金正恩とか言う名前でつべにアップしてるニキか?
373 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:33:54 mP
>>369
なんでわかったの〜?
377 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:34:57 Cbr
異世界系の怖い話や噂すこ
なお試してもなんともない模様
379 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:35:35 SWF
>>377
ワイも「飽きた」
やったで
ここはワイからしたら異世界かもなあ
388 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:37:00 Cbr
>>379
おお「飽きた」か!ワイもやったで懐かしいンゴねえ
なーんもなかったわ
その前の晩に食べたもんがうどんからカツカレーになってたけど
400 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:39:13 MMp
ワイが体験した話
就職して一年経った頃仕事が辞めたくてしゃーなかった。
親父が高校の時に亡くなってたんやが、ある日夢に出てきたんや。

一言「甘えんな馬鹿野郎」と言われた。

なんかのメッセージやろな。って思って頑張ろうかと思ったけど辞めたわ

409 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:40:55 kXF
これは取引先の知人に聞いた話である。
彼の実家は東北の日本海側。
かなり過疎の進んだ集落なのだという。
それでも、最近ではかなり便利になったのだという。
彼が幼い頃には、電気や水道が整備されていない家もかなり存在しており、車を持っている家も、殆ど無かった。
しかし、今では、全ての家は、ライフラインが整えられており、家一軒に車数台が停まっている事も珍しくない。
インターネットも整備されて、デジタル機器も満喫できる。
しかし、それだけ文明化された今でも、守られている決まりというものが存在しているのだという。
それは、一年に一度、その村を無人化しなければいけない、ということ。
何を馬鹿な事を、と思うかもしれないが、確かに今でも実践されている昔からのルールなのだ。
何月何日なのかは、ここでは明記出来ないが、確かにそんな禁忌の日というものが今でも間違いなく存在している。
その日が近くなると、その集落の人は、移動の準備を始める。
そして、それぞれが、家の戸締りをしっかりと施して、一日だけ自分の家を離れる。
一日といっても、当日を挟んで、前日の夜から、翌日の昼までは誰もその集落に居なくなり、戻ってくる事も許されない。
それは老若男女全ての人に徹底され、幼い頃から、それを厳しく言われ育てられる。
だから、彼自身もそれが当たり前なのだと思っていた。
確かに昔は大変だったそうだ。
車も持っていない家が殆どの時代に、家族揃って大移動するというのは、かなりの辛いものだった。
荷車に荷物を積んで、徒歩で親戚の家に避難させてもらう。
それだけでも、大変な一大イベントになる。
しかし、最近ではどの家にも車があり、移動にも苦労が無い。
必要な荷物だけを持って、温泉旅行にでも出掛ける・・・。
今では、そんな感じでその禁忌の日を楽しみにしている者さえいるらしい。
そして、彼から聞いて驚いたのが、その集落の家は、どの家でもまるで戦に備えるかのような防備がそれぞれの家に備わっているということ。
家の玄関はどの家も重い鉄製のドアになっており、1階の窓も全て窓の外側に鉄製の雨戸のようなものが付いているのだという。
そして、家の外壁自体もそうとう頑丈な造りになっており、家の中に進入するのは容易な事ではない。
では何故、そんなに厳重に家の戸締りをするのかと言えば、かつて木造の簡易な造りの家しか建てられなかった頃には、何軒かの家が酷く壊されたり、何かに進入され家の中がボロボロにされてしまったからだ。
ここまで書けば、分かってもらえると思うのだが、どうやら毎年その日に集落全体を無人化にするというのは、単なる言い伝えや儀式ではなく、その日にやって来るモノから、身の安全を守る為だという事である。
それでは、そこまで人々を恐れさせるモノとは、一体何なのか?
そのヒントが、これから書く話の中にある。
何処の世界にも、周りとは違う行動を取りたがる人というのは存在するらしい。
そして、彼が住んでいたその集落にも、そんな夫婦がいた。
元々は都会で生まれ育ったその夫婦は、何かの事情で、親戚が住んでいたその集落に移り住んできた。
子供はおらず、夫婦二人だけの質素な暮らし。
回りの村人たちとも仲良く暮らしていたそうだ。
しかし、彼ら夫婦は、そんな昔からのしきたりなど知らなかった。
勿論、村人たちは、真剣に彼ら夫婦に説明し説得したらしいが、彼ら夫婦はニコニコと笑ってその話を聞いているだけだった。
そして、二人が移り住んでから、数ヵ月後、ついにその日が近づいてきた。
その頃になると、妻はそれなりに古い慣わしに理解を示し、その日には一時避難的にその集落を離れるつもりでいたらしい。
しかし、夫はそうではなかったという。
確かに、事情があってその土地に移り住んできた夫にとっては他に身を寄せる場所など存在しなかったのかもしれない。
だから、それを察した村人の1人が、自分たちの親戚の家に一緒に避難しようと提案したらしい。
しかし、その頃になると、夫もかなり頑なに拒んでいたらしく、どうしても首を縦に振らなかった。
そして、前日、夫が避難しないと悟った妻も、一緒に残る事を決めたらしい。
何て馬鹿な事を・・・・。
村人たちは、皆口々にそう言い放つだけだったが、妻ととても仲の良かった1人の老婆が、妻にある助言をした。
何が起こっても決して声を出したり目を開けたりしてはいけない。
それが生き残る唯一の方法だと・・・・。
そう言って、その時にはしっかりとこれを握っていなさい・・・。
助けてはくれないだろうが、心の拠り所にはなるだろうから・・・。
410 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:41:04 kXF
と小さな手彫りの仏像を渡してくれたのだという。
そして、その日の前日には、集落の人達は、皆、その土地から離れていった。
彼ら二人だけを残して・・・。
前日の夜とはいえ、誰もいない集落は不気味としかいえないものだった。
夫は、静かでのんびり過ごせると言ったが、妻は不安でいっぱいだった。
そして、彼らは早めに寝た。
特にやる事もなかったし、静寂が何故か何かの前触れであるかのように不気味に感じたから・・・。
そして、二人が寝入った頃、誰かが外を徘徊している音が聞こえてきた。
もしかして、自分達の他にも誰かが残っていたんじゃないか、と思ったが、それはありえないことだった。
その足音は、まるで一歩踏み出す度に、家がミシミシと揺れるほどの
振動を伴い、ずんずんと響いていた。
時刻を見ると、午前0時を回った頃だった。
妻は恐怖で耐え切れなくなり、夫を起こそうとしたが、どうやら夫も寝付けず、ただ、布団の中で震えているだけだった。
そして、何処からか、おーい・・・おーい・・・・誰かいないか〜・・・・。という声が聞こえてきた。
どう聞いても小さな男の子の声だった。
しかし、それが帰って恐怖心を煽ってしまい、二人はそのまま布団の中で震えたまま朝を迎えた。
朝になり、外に出てみると、家の周りからは獣臭の様な嫌な臭いがした。
そして、その臭いは他の家にはつけられていない様だった。
まるで、彼ら夫婦の家に目印を付ける様につけられた臭いに妻は
何か胸騒ぎを感じた。
だから、妻は夫に懇願した。
今からでも一緒に村を出よう、と。
しかし、夫は昨晩の恐怖を忘れてしまったかのように、どうしても首を縦に振らなかった。
それどころか、猟をするときに使う猟銃を持ち出してきて手入れを始めた。
そして、何か居るんなら、俺が退治してやる・・・。
そうすれば、きっと村の人達も喜んでくれる・・・・。
だから、逃げるんならお前だけで逃げるといい・・・。
俺はこのまま此処に残って、あいつを退治しなきゃいけないんだから・・・・。
そう言われたが、妻は夫1人を残して自分だけ逃げるなど到底出来なかった。
だから、せめてこれだけはお願いを聞いて欲しいと夫に懇願する。
絶対に家からは出ないという事を・・・・。
夫は最初、渋っていたが、妻が泣きながら頼むので拒否するわけにもいかず、家からは出ない、という事だけは約束してくれた。
昼間は何事も無く過ぎていった。
禁忌の日とされているのが、嘘のように・・・・。
しかし、夜になると、雰囲気は一変する。
静か過ぎるからなのかは分からないが、まるで自分たち二人だけが、
別の世界に迷い込んでしまったかのような不安感。
夫は、家からは出なかったが、昨夜、家の周りを徘徊していたモノが家の中に入ってきたら・・・ということで、猟銃の手入れに余念が無かった。
そして、時刻にして、午後9時を回った頃・・・。
家の外からは、まるで子供達が家の周りで遊んでいるかのような声が聞こえだす。
もう家を揺るがす様な足音は聞こえてこなかった。
それでも、妻は震えていた。
だから、夫は妻を恐怖〜解き放ってやろうとしたのかもししれない。
夫はおもむろに立ち上がると、閉め切った窓を開けて外の様子を見た。
其処には、子供達が楽しそうに遊びまわっているはずだった。
しかし、突然、大きな悲鳴をあげた夫は、ドタドタと猟銃を取りに走った。
妻は恐怖で目も開けられず、老婆に貰った仏像を握り締めているだけだった。
そして、次の瞬間、何かが家の壁を突き破って中に入ってくる音が聞こえた。
そして、猟銃の発射音が続けて2回聞こえた。
妻は、涙を流しながら必死に目をつぶった。
412 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:41:13 kXF
そして、その後、ギャーという夫の悲鳴が聞こえた後、何かを引き摺る様な
音が聞こえ、その音はどんどん離れていく。
引き摺られているのは夫に違いない・・・。
そう思った妻は、慌てて目を開けようとした。
しかし、目は開けられなかった。
何かが自分の目の前に居て、顔を覗き込んでいる・・・。
そんな感覚があった。
フーッ・・・・フーッ・・・・フーッ・・・・。
そんな息遣いすら聞こえてくる。
妻は、息を殺して必死に耐えた。
微動だにせず、そこに自分が存在している事を悟らせないようにした。
どれくらい時間が経っただろうか・・・。
突然、夫の声が聞こえた。
何してる・・・もう大丈夫だぞ・・・・。
間違いなく夫の声だった。
妻は、喜びのあまり、目を開けてしまう。
そして、目の前には、妻の顔を覗き込むように、1人の女が立っていた。
あっ・・・・。
恐怖のあまり固まっている妻の顔に、その女が両手を伸ばす。
そして、突然、妻は何も見えなくなってしまった。
そして、急に酷い睡魔に襲われた。
妻はそのまま深い眠りについた。
妻は次に目を覚ましたのは、村人によって揺り起こされた時だった。
しかし、目が覚めたとはいっても、相変わらず、妻には何も見えなかった。
そして、医者に行くと、妻の両目は綺麗に抜き取られている事が判明した。
家の中には、酷い獣臭が立ち込めており、夫の姿も忽然と消えていた。
その後、夫の頭髪らしきものが、村のはずれの池の縁に落ちているのが見つかった。
だから、夫はクマに連れて行かれ、食われたのだと断定された。
しかし、妻は分かっていた。
夫がクマに連れて行かれたのではない、ということが。
そして、勿論、村人たちも、夫がクマに連れて行かれたのだ、と本気で思っている者は1人もいなかった。
ただ、それらしい理由が必要だっただけ・・・・。
その件があってからは、より厳しく強制的に村には残れないようになった。
そして、一体何がやって来るのかすら分からないまま、今でもその集落では一年に一度だけ、村が無人になる禁忌の日が存在し続けている。
きっと、これからも、ずっと・・・・。
427 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:47:22 SWF
>>412
長いけど怖かった、、、
本当にあるんかな、、
433 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:48:45 kzx
夜にトッモの家に遊びに行ってワイが自転車押しながら歩いて会話しとった時なんやが

トッモがいつも通る道を車で走っとったらいつもと全然風景が違って何かおる気がして怖くて引き返して来たって話をしながら歩いてたら突然押してた自転車が何かに引っ張られたんや

なんや?と思って引っ張られた方見ても何も無いねん
ただただ暗がりが広がってるだけ

でもそこは近くに灯りがあるんや
でも何故かその時はただただ暗いねん

自転車とは逆のトッモの方を見るとトッモが急に頭が痛いってメッチャ苦しそうなんや

どうしたんや?大丈夫か?って心配しとる時に

一瞬やけど瞬きした一瞬女の険しい顔が瞼の裏に浮かんだんや

それからトッモはしばらくしたら落ち着いたんやが…

次の日ワイが朝起きれへんだんや
金縛りやないんやがとにかく内臓が冷たい、力が入らない
そんな感じで1日布団から動けやんだ

今はもう大丈夫なんやがその時はホンマ往生こいたで

436 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:49:51 SWF
>>433
怖い、、、
454 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:57:29 70U
どしゃ降りの雨の日の度に思い出すんだけど
小学生の時実家の近くに雑木林があってそこで中華で3000円くらいのAKっぽいエアガン持ってゲリラごっこしてた
映画の兵士みたいに見よう見まねで動きながら
遊ぶのが好きだった
どしゃ降りの雨の日にやったら面白そうと思ってカッパと長靴で雑木林に入ろうとしたら
「風邪引くからやめな!」って声がして
振り向いたら50くらいのおばちゃんが睨んでて
俺はビビって帰った
翌日そのおばちゃんが雑木林で首を吊ってたのを誰かが見つけた
思い返してみればおばちゃん雨に濡れてなかったしもしかしたら俺が行く前にすでに吊ってて死体を見られたくなかったのかも
雑木林は無くなったけど未だに実家に帰った時は手をあわせている
458 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)01:59:08 kPu
>>454
なんか複雑っすね
463 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)02:02:53 70U
友人が山をもってて、サバゲーフィールドを作ったからやらないかと誘ってきた。
フィールドといっても、テープでしきりを作って、適当に草かりをしたような感じの簡素なもの。
とはいえ楽しくやりあったんだ。
そんなこんなである日、夜サバゲーしようぜと誘ってきたんでウキウキで行った。

夜の山に入って、ライトをつけながら歩いていたら
後ろからヒタヒタ音がする。
友人だな?と思って振り向いて撃ったんだが、反応がない
暫く歩いてまたヒタヒタ……と音がする
伏せて待って、ヒタヒタが止まった瞬間撃った
全く反応がないのでイライラして友人にトランシーバーで「ゾンビするなバカヤロー!」と言ったら

「えっ、俺腹痛くなって今ウンコしてるんだけど」
はっ?と思ったけどよく考えたら腐葉土の土地でヒタヒタするはすがないよな……
そのまま友人の家に逃げ帰った

結局フィールドのそばで何かあった訳でもなく
気味悪くなってフィールドはそれきりやめた

468 :風吹けば名無し 2018/07/02(月)02:04:42 SWF
>>463
こっわ、、、
そんまま出くわしたらどうなったんやろか

シェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加